交通事故

交通事故でよくある相談

交通事故が起き、慰謝料などの請求で納得がいかない場合は、お気軽に当事務所までご相談ください。

交通事故でよくある相談

  • 賠償金額が低くて納得できない
  • 後遺症の認定等級で納得できない
  • 治療を打ち切るといわれた
  • 相手が自動車保険に加入していなかった
  • 加害者側になってしまった

弁護士費用特約の活用

弁護士費用特約は、自動車保険(任意保険)の特約の一つです。
弁護士費用特約に加入していれば、交通事故に遭ってしまったとき、損害賠償請求などで生じる弁護士費用などを、保険で弁済してくれるものです。つまり、弁護士費用が「タダ」になるのです。
弁護士費用特約は、最近の保険では標準で付くことが多くなりました。今後、保険に加入する場合は、必ず付けておきましょう。
弁護士費用特約で依頼できる弁護士は、一般的には依頼者様で決めることができます。

自転車事故について

自転車による交通事故が社会問題となっています。しかし、自転車には自動車のような保険が付いていない場合が多く、加害者になった場合は、数千万円単位の賠償金判決が出ることもあります。
自転車事故にあった場合、とにかくまず、弁護士に連絡してください。何をするべきか、適切なアドバイスをさせていただきます。
そうすることで、今後のトラブルを最小限に減らすことができます。

弁護士に依頼すると何が変わるのか

交通事故は、ある日突然巻き込まれます。まったく予測できないトラブルです。
起きたときに気が動転して、何も対応できず、先方の言いなりになってしまうケースもあります。
交通事故に巻き込まれたら、とにかくまず、弁護士に連絡してください。何をするべきか、適切なアドバイスをさせていただきます。
そうすることで、今後のトラブルを最小限に減らすことができます。
交通事故によって人身被害を受け、相手方(加害者側)の保険会社から提案される慰謝料や休業損害などの額が低い場合、泣き寝入りしてしまう人が少なくありません。
実は、保険金の慰謝料の算定基準には、保険会社が提示する「保険会社基準」と、裁判所が認める「裁判所基準」の2通りがあり、一般的に裁判所基準の方が高額です。ですから保険会社の提示額に納得がいかない場合は、裁判所基準で算定するよう訴えを起こすことができるのです。このことを知らないと、不利な状況に追い込まれかねません。

赤堀法律事務所の特徴

当事務所では、交通事故被害者の立場に立ち、適正な賠償額を獲得できよう、示談交渉から民事裁判まで幅広く対応しています。
交通事故でトラブルに巻き込まれた場合は、何でもご相談ください。
死亡事故の場合、相続問題や遺産処理、損害賠償請求などを、一括して受任することも可能です。

料金

交通事故

下記の表によります。相手方との示談交渉・訴訟第一審までを含みます。控訴審や上告審に移行する場合は、事案に応じた追加の着手金をお願いする場合があります。

事件の経済的利益の額 着手金(税別) 報酬金(税別)
300万円以下の場合 経済的利益の額の8% 経済的利益の額の16%
300万円を越え3,000万円以下の場合 5% + 90,000円 10% + 180,000円
3,000万円を越え3億円以下の場合 3% + 690,000円 6% + 1,380,000円
3億円を越える場合 2% + 3,690,000円 4% + 7,380,000円

※事件の経済的利益の額とは、相手方への請求ないし回収金額や事件の目的物である不動産の価額、相手方からの請求を排除した金額などをいいます。
※上記表の着手金・報酬金は原則額を明示したものです。事件の内容によっては減額(増額は一切ありません)をいたしますので、お気軽にご相談下さい。なお、着手金の最低額は100,000円(税別) となります。

  • 無料相談のご予約
  • top_img15.jpg

取扱い業務

SERVICE